相続相談

相続するための共通する手続き

相続人の調査と財産(遺産)の調査があります。

一般的な遺言書がある場合

①公正証書遺言

遺言執行人の指定があれば遺言内容の実行します。

②自筆証書遺言、秘密証書遺言

遺言書を発見後、裁判所にて検認の申立てをし、遺言執行人の指定があれば執行人が指定がないときは相続人が遺言内容の実行をすることになります。

遺言書がない場合

相続人で協議を行い、まとまれば遺産分割協議書を作成し遺産分割しますが、まとまらないときは裁判所に調停や審判の申立てをし遺産分割することになります。

残されたご家族の負担

亡くなった場合、預金口座は凍結します。公正証書遺言をしていれば解除するのは簡単ですがそれ以外であれば時間がかかるので、生活に支障がでないようご注意下さい。

行政書士友田隆士事務所の役割

あの時こうすれば良かったと言うことがないよう、悔いのない満足・納得・安心できるサービスをご提案します。相続相談窓口の当事務所にお任せ下さい。

相続は一般的な公共への手続きとは異なりご本人様の意思を尊重するため、丁寧に寄り添いご相談を承ります。一度の面談で完了ではなく、ご納得できるまでご検討していただきます。


Translate »