農地転用許可・届出

農地転用が必要な農地

農地転用の農地とは法律上、耕作の目的に供される土地をいい田や畑などに勝手に家を建てたりしていいわけではありません。罰則を受ける可能性があり、結果大きな損害になりかねませんので後々後悔しないようご注意下さい。農業委員会に問い合わせることをお勧めします。

農地には種類があります

農地には種類があり農業地区域内農地、甲種農地、第1種農地、第2種農地、第3種農地があり市街化区域にある農地であれば許可申請ではなく届出でよいので難易度などが全く変わります。また一般的な許可や届出をするにも農地法の第3条、第4条、第5条と内容が異なり、さらに農業地区域内農地であれば農振除外の申出も検討しなければなりません。

農地転用は時間がかかります

農地転用の申請受付は自治体によっても異なりますが、タイミングに合わせて申請しても処分(許可される)が下るまでにかなり時間がかかってしまいます。(受理から6週間程かかります。)農振除外の申出に至っては年に数回しか受け付けておりませんのでご注意下さい。

行政書士友田隆士事務所の役割

農地転用のご相談はもちろんのこと開発許可、測量、土地境界確定手続、官有地の払下げなど土地活用のご相談も承ります。

土地に関する手続きには様々な士業の関わりが必要になってきます。当事務所は他士業との連携もありますので安心・納得の出来るサービスをご提供します。


Translate »